seize the day!! FORUKA!!

旅の仲間と人生を謳歌する会社にしたい、そんな若造の戯言です。

社長業という固定概念ではなく構築をどんどんやりたい。

 

当たり前の事ですが、記録の為に書きます。

 

ブログを書く事や、SNSを発信する事に執着してはいけない。のも分かるけど、

僕の場合、これがモチベーションを高める事も多々ある。

だから、書ける時に書く。書けない時は、サボっているんじゃなく他にやるべき事がある時。

 

以前、Twitterに呟かせて貰った事を少し深く、そしてコンパクトに書きたいと思っています!

 

今日は、iPhoneからの投稿!!

 

まず、

 

Twitterで呟いた事。

 

最近、ホント忙しくさせてもらっています。

 

と言うより、僕の仕事柄

ココはやっぱり直に伝わります。

閑散期、繁忙期 を関係なくして

僕の仕事は、忙しくしていれば忙しくなります。

暇だと思い、動いていなければ暇だという事になります。

 

新入社員や新人アルバイトは、一見覚える事が多くて体感的には忙しく感じます。

一通り仕事(作業)を覚えたらどうでしょうか。

 

自分は、与えられた仕事をこなしたから手が空くのです。

 

実際、伸びしろと呼ばれる事には、ここからの発展を意味します。

 

人間は自ら成功体験をする事によって欲求が強まります。

 

だから、伸びていく人間の目はいつもキラキラしてて、常に何かしています。

その姿を見て、周りの人達は刺激を受けるでしょう。

 

 

最近僕がハマっている。好きな歌手がいます。

ジェイソン・ムラーズ - Wikipedia

 

jason mraz(ジェイソンムラーズ)

 

この人のこの曲を聴いていつも、僕自身のモチベーションを高めています。

Jason Mraz - I Won't Give Up (Live in London) - YouTube

 

When I look into your eyes
君の目を覗きこむと
It's like watching the night sky
夜空を見ているような気分になるよ
Or a beautiful sunrise
もしくは美しい日の出
Well, there's so much they hold
そう、君の目はたくさんのものを持っているんだ
And just like them old stars
まるでずっと輝いている星たちみたいに
I see that you've come so far
君はここまでたどり着いたんだ
To be right where you are
自分にふさわしい居場所を作るため 
How old is your soul?
君の心はいくつになったんだろう

Well, I won't give up on us
そう、僕たちのことを諦めたりしないよ
Even if the skies get rough
空が荒れたって
I'm giving you all my love
君に僕のすべての愛をあげる
I'm still looking up
僕はまだ懲りないよ

And when you're needing your space
君が前進するために
To do some navigating
自分の時間が必要な時は
I'll be here patiently waiting
僕はいつまでもここで待っているよ
To see what you find
君が感じたことを知りたいから
'Cause even the stars they burn
だって星ですら燃えるんだし
Some even fall to the earth
地球に落ちてくるものだってあるんだから
We've got a lot to learn
たくさんの学ぶべきことがあるね
God knows we're worth it
僕たちには価値があることを神様は知ってるのさ
No, I won't give up
そう、僕は諦めないよ

I don't wanna be someone who walks away so easily
いとも簡単に離れていくような人にはなりたくないんだ
I'm here to stay and make the difference that I can make
僕はこのままここにいて 最大限状況を変えるよ
Our differences they do a lot to teach us how to use
僕たちの違う部分はたくさんのことを教えてくれるんだ ツールとか僕たちがもらったギフトをどうやってを使うのか、
The tools and gifts we got, yeah, we got a lot at stake
そう、失ったら困るものがたくさんできたね
And in the end, you're still my friend at least we did intend
結局は、君は今でも僕の友達だし少なくとも
For us to work we didn't break, we didn't burn
壊れてしまわないように、燃えてしまわないように頑張ったんだ
We had to learn how to bend without the world caving in
世間に埋もれずに屈する方法を学ぶべきだったね
I had to learn what I've got, and what I'm not, and who I am
僕が知るべきだったのは自分が何を持っていて、何者じゃなくて、何者なのかってこと

I won't give up on us
僕たちのことを諦めたりしないよ
Even if the skies get rough
空が荒れたって
I'm giving you all my love
君に僕のすべての愛をあげる
I'm still looking up, I'm still looking up.
僕はまだ懲りないよ、懲りないよ

Well, I won't give up on us (no I'm not giving up)
そう、僕たちのことを諦めたりしないよ(そう、僕は諦めないよ)
God knows I'm tough enough (I am tough, I am loved)
神様は僕が十分タフだって知ってるんだ(タフだし、愛されてるんだ)
We've got a lot to learn (we're alive, we are loved)
たくさんの学ぶべきことがあるね(僕たちは生きてるし、愛されてる)
God knows we're worth it (and we're worth it)
僕たちには価値があることを神様は知ってるのさ(実際価値があるんだ)

I won't give up on us
僕たちのことを諦めたりしないよ
Even if the skies get rough
空が荒れたって
I'm giving you all my love
君に僕のすべての愛をあげる
I'm still looking up
僕はまだ懲りないよ

 

 

それが誰に対してとかじゃなく、率直にシンプルでストレートだけど、愛が半端なく好き!

 

色んな愛の形があると思うけど、シンプルな愛が半端なく好き!

 

jason mrazが自殺を考えた時に作った曲だと思い出せば、人生はすごく深いし、色んな困難があるけど思うがままに生きろ。と言われているみたいで。。

 

僕がこれからやるべき事って、やっぱり僕がやりたい事をやるのを、どれだけ自分自身が理解しているのか。っていうのが大事なのかなと思う。

 

 

いつまでも新人のように、

 

理想の自分から仕事や課題を与えられて

 

今生きている瞬間を僕が創っていかないと

 

生きている。と胸を張れないような気がする。

 

 

僕がこれからやらないと生きていけない事は

今までの歩んできたレールの上から、新しい所へ旅行できるような工事をしていかないといけないと思います。

 

 

まだ、若いから。

まだ、今じゃないと思うよ。

焦らなくても良いんじゃない?

 

 

それではダメや。

 

それぞれ生きてきた環境や思いが違うから。

それぞれ人には、役割と言う名の使命や縛りや努力があるから。

 

それを待っていては、僕が独立しなかった意味が無くなる。

 

それを掴みに行かないと。

 

 

まずは、

やりたいを前面に出していく。

 

みんな連れて行く!

 

 

 

 

 

 

思考は現実化するって難しい言葉だけど案外シンプルですよね。

真夜中からこんばんは!

いつも通りこの時間が一番頭の回転が良い僕です。

回転が良いのは僕の中だけでの話ですのであしからず。。。

さて

早速ですが、❝思考は現実化する❞って聞いた事ありません?

多々このタイトルで発刊されていると思いますが、

イメージしやすいのは、やはりマザーテレサ!!!

ウチの会社の由来の一つFellowshipOftheRing-旅の仲間-も、また

マザーテレサの名言から影響を受けました。

 

以下引用

あなたが行く先々で、愛を広めてください。あなたが出会った人たちが、より幸せになって去っていきますように
 
平和は微笑みから始まります。
 
人のことを批判していたら愛する時間がなくなってしまいます
 
いつもお互いに笑顔で会うことにしましょう。笑顔は愛の始まりですから。
 
私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。
 
大切なのは、 どれだけたくさんのことをしたかではなく、 どれだけ心をこめたかです。
 
優しい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする
 
100人に食べ物を与えることができなくても、1人なら出来るでしょ?
 
誰かに微笑みかけること、それは愛の表現であり、その人へのすばらしい贈り物となるのです。
 
もし平和が得られていないなら、それは私たちが仲間だということを忘れているからです。
 
そして、誰もが知っている、
 
ããã¶ã¼ãã¬ãµåè¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

という言葉があります。

 

世の中のありきたりなシンプルな言葉でいうと、

 

夢は叶う

 

という事ですかね。

崩していうと、

夢は叶えるためにある。願いは願うほど叶う。といった所でしょうか。

 

そして、もっと僕なりに身近な例を挙げると

 

f:id:yssitmrg:20190216034459j:plain

ジャーン!!

 

ロンTを作りました!!

 

そして、キャップを作りました!!

 

f:id:yssitmrg:20190216034449j:plain

FORUKAジョッキーキャップ

f:id:yssitmrg:20190216034500j:plain

JIJIバルキャップ!!

これ、

作りたいから作った。

ただ、それだけなんですけどね。

 

SNSで素直に楽しそうに働く皆さんを見ていると、オリジナルのTシャツだったり、キャップだったり、グッズを作ってて、素直に良いな~☆って思ったんです。

 

OWNDAYSが好きな人が社員ばりのショット。

 

 UDON好きを誇りに仕事をしている人がUDONキャップ。

 

 アパレル社長がオリジナルのフェスTシャツを。

 

その他、アーティストがグッズ販売しているものや、芸能人がデザインした洋服など様々なオリジナルがありますよね。

 

そのオリジナルを僕は最近凄く好んでいます。

 

というのは、

オリジナル(オンリーワン)が好きなのではないです。

 

 

少し話を逸らしますが、

最近ネットニュースでも出ていました、

餃子バルの商標登録問題。

正直どうでも良いです。

むしろ、餃子バルを商標登録した側は、何を持って登録したのか。

 

餃子バルという独自のブランドを拘り抜いてアピールしているんだったら、もっとシェアすれば良いんじゃないの?

そんな商標登録するくらい、オリジナルの想いがあるなら

その元祖は、ウチだ!!というイメージが浸透するくらい繁盛させれば良いんじゃないの?

 

こないだ、記事にもしましたSABARの鯖やの右田さんも言っていた通り、

❝オンリーワンは逃げ言葉。ナンバーワンを目指す。❞

Q1日本で一番高い山は? A富士山。

Q2日本で一番広い湖は? A琵琶湖。

じゃあそれぞれの第2位は?と聞かれたときに答えれないのが普通。

鯖や はサバと言えば右田に聞け。というような構築がある。

 

例えば、地域で一番人気の飲食店になりたい。

 

という願望があるとする。

SNSや、WEB上でお金を払って宣伝し、SEO対策もばっちりに仕上げる。

お店の看板も地域で愛され続けNO.1!!と謳い、広告も出す。

 

けど、実際お店に行ってみるとどうなんですかね。

それに見合った雰囲気、味、スピード、居心地、質はあるのでしょうか。

 

一般的にいうハードルを上げてしまっている事になりませんか。。

 

 

僕は、同じような店があればあるほど面白いと思っています。

あるコンビニの近くに、またあるコンビニがあるように、同じコンビニでも消費者によって多様化します。

 

それは、コンビニ経営側も承知済みです。

同じようなコンビニでも、違った色がある。

そのコンビニしかないもの、体験があるからそこを選ぶんだと思います。

 

 

 

話を戻しますが、

 

僕は、飲食店をやっています。

正直、僕の地域では元々ウチの会社から独立していった方が多数居ます。

同じようなメニューや内観、売り方をしているお店もあります。

 

それで良いです。

 

想いの共有ができていたんだな。と安心します。

それが成功していたら尚更嬉しく思います。間違ってなかったと。

 

ただ、飲食店で働く人間としては、やはりその拘りのメニューや売り方は絶対に負けられません。

その事に関して誰よりも熱く思って、誰よりもお客さんの幸せそうな顔が見たいから。

それを見ないと、僕のプライドが崩壊してしまうから。

 

そして、その空間を作っているのは、お客さんであり、第一に紛れもなくウチのスタッフなんです。

 

 

じゃあ、まずそのスタッフにどう感じて欲しいか?

スタッフが常にクレドを心掛けるためにどうすれば良いか?

 

僕が、ミーティングを開くときに毎回《これを根本に話す》と決めている事があります。

それは、

 

ウチの会社が好きか?飲食業は楽しいか?

 

という資本です。

 

僕は、会社のビジョンであるFOR(~の為に)

を軸に、人それぞれ会社を好きな理由。仕事が楽しいと思える理由は違ってて良いと思っています。

それが旅の仲間とともに幸せを大いに称え合うという経営理念に沿っていれば。

 

だから、僕はまず会社ができる前から決めていた事を実行しました。

 

僕の会社の想いを伝える事ができたら、まずグッズを作ろう。

という事です。

 

単純に、

❝よし!みんなで頑張っていこう!❞と想いが高まっている時にグッズを作る事によって、より想いが高まりシェアできると思いました。

 

体育祭の時に作るアレ。

《学級旗》みたいなものです!

 

そのみんなで作った学級旗は自然と愛着が湧きます。

例えばその学級旗が破れたり、傷つけられたとしたら、修正をするでしょう。

そして、また学級旗をまじまじと見るのです。

この学級旗のこの部分は自分が作ったんだ!

このデザインの意味はこうなんだ!と胸を張っていうでしょう。

 

そんなイメージで、作ってみました。

 

現在JIJIバルの方ではスタッフみんな、キャップを被っています!

社員は、少し若くなりました。調理をするので、髪の身だしなみなども自動的に清潔感が出ました。

お客さんからは、オリジナルキャップ?かわいいね!どこかで売ってるの?と言って頂き、

アルバイトからは、他のグッズも欲しい!次は何を作るの?とかなんとか。

 

まずは、第一歩。踏み出せたのかなと思っています。

 

今日も駄文、話のそれ、まとまりないブログになりましたが、

長い間お付き合い頂いてくれた方ありがとうございました!!

 

 

 

思考は現実化する。

 

この言葉を初めて聞いたのは恥ずかしくもまだ最近で25くらいだったかな?

けど、自然にそうしていた自分も居たはず。みんな同じだと思いますが、思うがままの人生を歩んできたはず。

 

けど、今この思考は現実化するという言葉は、昔と違った使い方ができると思っています。

 

少しでも希望に満ち溢れた生き方をしていけますように!!

 

https://management.blogmura.com/ranking.html?p_cid=10976381にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

[http://にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村:title]

 

 

貼り方わからんwww

錯覚って、グレーなイメージがあるけど、実はそうでもないんじゃない?

こんばんは🌝

初めて、iPhoneから投稿してみます!

そそ!僕は飽き性なので、パソコンからばっかりの投稿だったので今日はiPhoneから📱

 

f:id:yssitmrg:20190206025448j:image

早速画像からすみません。

パネチキン

って知ってます?

先日セミナーへ行った時に、今年の食のトレンドが発表されたんですが、

 

【チーズ】チーズタッカルビに続く!?半パネぇって!"パネチキン"がNEXTブレイク候補!【肉】 - NAVER まとめ

 

チーズタッカルビに続くブームとして現在動きの速い飲食店で提供されています!

 

パネチキンは、パンをくり抜き焼き上げ、カリカリにした中に熱々のチーズを流し込む!

そして、トマトクリームなどの煮込んだソースを鶏肉と一緒にマリネしチーズとパンと一緒に食べるというなんともジャンキーな食べ物‼️

 

f:id:yssitmrg:20190206030126j:image

 

ウチでも早速作ってみました。

この料理のポイントは何と言っても、

のび〜る熱々のチーズ🧀

カリカリのバゲット🥖

濃厚なトマトクリーム🍅

だと思います!!

 

そして、このメニューは地元の情報誌miteGoの3月号に掲載され、3月から僕のお店のある地域へ発信されます‼️✨

miteGo⤵︎

三豊観音寺ポータル〜三豊観音寺の最新情報をお届け!

 

 

ん?待てよ。と

ブログのタイトル意味無くない?

 

すみません。

ここからです。

 

錯覚について。

錯覚って、自分が【思ってしまっている】という事後

さらに、間違い

のイメージが強いと思います。

 

何事もそうだと思いますが、日本人は特に

その    

ことばの先入観

に気を取られがちです。

 

錯覚というのにも色んな種類の錯覚があり、錯覚できた事によって自分に得られるモノも沢山あります。

 

例えば、食事に行く事になったとしましょう。

店構えが自分にピッタリのセンスで、その扉をくぐると愛想のいい店員さんがお出迎えをしてくれ、席までスムーズに案内してくれる。

そして、席まで行くと直ぐに手荷物のカゴを用意してくれ、上着を預かってくれる。

この一連の動作が何とも自然で居心地が良い。

席に着くとある程度の時間と距離を置いて、お店の事を話してくれる。

ここで思う事ってなんでしょう?

 

僕は紛れもなく、期待と安心感なんですよね。

 

このお店に入るまでから入ってから着席後まで、完全なるお店のルールだとしても、

お客である僕にとっては、居心地が良いのです。

 

こういうのを錯覚資産って言うんだと思います。

この錯覚資産を積み上げて積み上げて、良いお店ってもっと良いお店に仕上がるんじゃないか。と思っています!

 

だからです。

話に戻ります!

 

今日のブログの前半。

僕はトレンドという言葉に乗っかり、広告を打ちました。

最近、勘違いなのか意識が変に高いのか分かりませんが、

トレンドに乗っかるな。トレンドは乗っかるものではなく、作るものだ。とか誰もやってない独自のスタイルを作れ。とか言ってる方をよく見かけます。

 

 

わ か り ま す よ。

その考え、分かりますけど

その《考え方》は僕とは合いません。

 

 

トレンドに乗っかっちゃっても良いじゃないですか。

今回、この広告でウチの店の事は知らなくても【パネチキン】を知っている人が居るんです!

パネチキンを食べたい!って思っている人がこの地域のどこで食べれるんだろう❓って思った時に、miteGoやこれから発信するSNS、そして口コミで知ってもらって、ウチで食べて欲しいのです!

この広告は、パネチキンが売りたい!

では、無く、ウチのお店を知って頂きたい。という本質の錯覚が隠れているのです。

 

お客さんが来て欲しい。

忙しくなって欲しい。

 

ではなく、自らアクションを起こさないと分母が小さいまま。

 

かと言って、どの飲食店もやれば良い訳ではないと思います!やらなくても良いと思います!

 

ただ、ウチの場合は理念、クレドに基づき、スタッフが今メラメラ🔥とヤル気を上げてきています!

そんなパワーを発揮できる、やりがいのある環境を作らないと僕の存在意義がないから、知ってもらう努力をしています!

 

 

錯覚 にも色んな種類があります。

 

win win の錯覚の使い方をもっと勉強していきます!

 

今回錯覚の話がしたくなったのは、少し前に読み終えた本がきっかけです!

気になる方は、是非読んでみて下さい∑(゚Д゚)

 

当たり前のようやし、ズルっぽいけど、

本質を捉えているし、何より現実的であると思います!

https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%80%81%E9%81%8B%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E5%AE%9F%E5%8A%9B%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%80%8C%E5%8B%98%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E5%8A%9B%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%B1%BA%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E3%81%B5%E3%82%8D%E3%82%80%E3%81%A0/dp/4478106347

 

ある時から❝今を生きろ❞を座右の銘のようにして生きてきたけど、今はもっと意識している。

 

f:id:yssitmrg:20190201024609j:plain

2月only仕様やん。。

初っ端からすみません。。

 

プロフィール画像を変えました。

❝理由は一つ❞ ー変えたくなかった理由も添えてー

(職業病が出ちゃいました。)

変えた理由は、皆さんのプロフィール画像が顔写真だからです!!!

Facebookも変えました!

じゃあなぜ今まで載せてなかったのか?と言う事なんですが、気にもならないと思いますが詳しく説明させて頂きます。

 

単なる理由は、『別にどっちでも良いかな』

掘り下げて言うと、顔写真を載せることに意味を感じてなかった。

むしろ、載せることによって僕の想いって伝わりにくいんじゃないか。と思っていたからです。

というのは、これから書く事は変なイメージを持って考えないでください。

 

30歳手前の今になって思うんです。

僕は、幼少期からスポーツマンでした。幼稚園の頃から外で遊ぶのが好き。体を動かすのが好き。小学校からスポーツ少年団や部活でサッカー、陸上、水泳、ドッジボールなどに所属しサッカー、ドッジボールではキャプテン、陸上では全国大会に出場。

そしてそれなりに親から高い学費を出してもらい塾も通い、それなりの成績でした。

高校はどうしても観音寺中央高等学校に入りたくて、その為だけに内申が欲しく中学の時に生徒会に懇願する程クソマジメやったんじゃないか。と思います。

そんな感じでしたがもちろん外で遊ぶのも好き。夜遊びも大好き。酒、たばこは絶対人より早かった。警察にお世話になる事もあった。女遊びは全然嫌いじゃない。

逆に家で居るのも大好き。ゲームも大好き。ネットも大好き。でした。

今でも思います。たぶん飽き性好奇心旺盛なんだろうと。

 

兎に角、いろんな事がやりたい。

 

そして全て身に付けたい。

 

そして16歳の時にこの世界に飛び込みました。

飽き性な僕が16歳の時から現在29歳に至るまでずっと同じ仕事をしています。

この職についた頃から思っていました。俺はこの職で生きていく。

なんでかその当時はわかりませんが、今の僕なら分かります。

プライド】です。

飲食業ってお客さんとの距離がすごく近いんです。

飲食業って一纏めにすると誤解がありますが、ウチのお店はそうなんです。

だから、自分がアクション起こせばそれはすぐにお客さんに伝わります。

 

先日観音寺店、JIJIバルにてミーティングした内容で、

【ウチは、《対ヒト(体験)》で仕事をしている。簡単に言うと、

自分たちが満足するおもてなしをする

のと

相手が満足するだろうと想像しておもてなしする

のとでは圧倒的な差が出る。】というものがある。

もっとわかりやすく言うと

【“回転ずし”と“回らない寿司屋”があるとする。

どちらも同じネタ、同じシャリを使い、同じ価格でお客さんに提供するとする。

それぞれの場所でそれぞれのスタイルで提供した際に

お客さんが満足するのはどちらか?】という事です。

 

これが飲食業の本質であり、やりがいなんだと気づいた頃、

知らぬ間にどっぷり漬かり始め、

21歳の時に初めて店長を経験し、その時には既に社員は僕より年上がほとんどでした。

ただ、残念ながらこの本質を心から理解していると思われる人間は少ないのです。

 

だから、このご時世ロボットが発達してきているし、労働問題が出てきているし、モノの価値もわからない安売りやクーポンが増え、飲食店の本質が霞んできてしまっている。

 

どうやら僕が、熱くなってきましたので少し話が反れますがご了承ください。

f:id:yssitmrg:20190125231205j:plain

 

インスタ映えを意識した料理が増え、美味しいものを美味しいと心から言えない。

彩られた錯覚によって、自分の持つ感情ヒューリスティック利用可能性ヒューリスティック、感情の置き換えによって感性が変わっていく。

 

この上の写真、下の写真は、あるお客さんにケータリングを依頼された時の料理です。

f:id:yssitmrg:20190125231150j:plain

このケータリング依頼を受けた時に、

お店側である僕は、お客様に逆にある条件を出しました。

それは、絶対に満足してもらえるようにしますので、調理ができるスペースや設備を持ち運んでも良いですか?ということ。

毎年、ウチではない所にお願いしてたみたいなんですが、ケータリングってやっぱり作り置きが多いです。このお客さんは総勢70名程、ワインに合う料理を中心に立食形式。

さらに、舌の肥えた方が多く、一般的な料理は好まない。こういうケータリングにも慣れているお客さんでした。

しかもこの会、食べる時間が一定じゃなかったんです。(みんなバラバラの時間に食べに来られる)

そこで、チューフィングなどのビュッフェ用の温かく食べれる材料や仕込み時間の確保。演出。食事中のパフォーマンス(食事中に調理をさせて頂くなど)にチカラを入れました。

プライドです。

せっかくウチに依頼してくれたんだから、満足してもらわないと困るんです。

満足してもらわないと胃に穴が空きます。

 

無事このパーティも終盤を迎えた時、幹事さんから片付けは毎年やってますのでそのままお帰りください!

え!!? 

お客さんがわざわざ選んでくれて、高いお金を出してくれているのに

お店が片付けをやらない!!? ポカーンとなりました。

速攻で、間髪入れず、ウチで全てやります。と言いましたが、びっくりというより去年までケータリングしてた飲食店にガッカリでした!

この日は連日ランチ営業もあり相当な仕込み量と調理と準備で疲れました。

しかし、その頃時計は11時を回っていましたが、

僕たちはお客さんが満足してくれた表情を見て知らぬ間にこんな時間になっていたのか。と気持ちよい疲労感に浸り、さらに達成感で溢れていました。

www.instagram.com

その時の記事はInstagramで公開してますのでよかったらご覧ください。

 

 

さて話が大幅にそれましたが、こういう事です。

僕、嬉しい事に最近頻繁にお客さんからも第一印象大学生?って言われるくらいお店に居る時は若く見えるっぽいです。

 

そんな若造のプロフィール写真ってやっぱり、世間様には伝わりにくいと思ってたんです。

だから、大好きな子どもの写真や、アーティスト、景色などを好んで載せて、この人は何者か分からない状態が居心地よいと感じていました。

 

けど、なぜ僕がプロフィール写真にそんな若造の自分を載せたのか。

文頭に書いた通り、

みんながプロフィール写真に顔写真を載せているから。

 

 

そして、この僕が指す“みんな”というのが、僕が共感を抱いている人達。

尊敬している人達だからです。

 

ブログの前半にも出てきた、このご時世だからこそ、本質を伝えなければいけない。

そして、僕がまず伝えるべき相手は、社員である。

 

こういう記事を書いて変に評価してくる奴など相手にしている暇はない。

生身で読む人間に伝わりやすいようにいろいろ工夫してやっていかないといけない。

 

しかし社員には、このブログがある事はほとんど言ってないし、このブログに書いている事はほとんどミーティングで話しています。

 

 

 

更に、このブログは購読者も少ない。

別に今は広告も付けてないし、拡散をしようとも思っていない。

 

今まで16からメモしてきた整理と価値観の共有、自分への啓発の為に書いています。

 

 

 

 

 

公表もしていませんでしたが、去年の年末に祖母が亡くなりました。

 

祖母は、脳出血による急死でしたが5年前ほどに脳梗塞を患い、遺品には沢山のメモがありました。

 

僕はおそらく根っからのばあちゃん子でした。祖父は僕が3歳の頃に他界しているので、僕にとってはすごく大事なばあちゃんでした。

仕事を始めて初めて年末にお休みをもらい、もう何もかも嫌になり、考えたくないと思いました。

けど、❝今❞何事もなく世界は回っているんです。

ばあちゃんの字で書かれたメモ、部屋、思い出を想像していると、ばあちゃんは、早くしてパートナーである、じいちゃんを亡くしていました。

なのに、常に今を強く生きていました。

 

 

 

だから僕も、今まで以上に 強く たくましく 今を生きる。

 

 

そして、僕がばあちゃんのようになる時に、

このブログを息子である【希生】にも、娘である【すず】にも読んで、

その今を生きて欲しい。と思います。

 

SEIZE THE DAY!!!

 

f:id:yssitmrg:20190201025110p:plain

 

ただいま、Tシャツ&キャップ作成中です(笑)Σ(・ω・ノ)ノ!

 

次の記事は、今日出てきた❝錯覚❞について書きたいです!

もう書きたいことが山ほどなんです。

1日24時間は本当に足りない(;´・ω・)

 

 

ながーい文章読んでくれた方!ありがとうございました!

 

 

付けました(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラサーオヤジへ
にほんブログ村

 

 

アルバイトから始まった僕が現在のアルバイト教育に対して今思う事。

僕の会社のバル業態の1店舗、

香川県観音寺市豊浜町にある

窯焼きワイン酒場JIJIバル を例に挙げます。

jiji-wine-bar.business.site

突然ですが、飲食業で働くヒトには大~きく分けて二つの考え方に分かれると思います!

1つは、❝対モノ(料理)

もう1つは、「❝対ヒト(お客さん)と考えています。

どちらが良い。どちらが悪い。という話ではなく、

僕は後者を意識してこの飲食業の荒波を謳歌してきました。

ポジション的な問題もあるかもしれませんが、結局は、性格(思考)が行動に現れます。

そもそも、僕の考えでいうと言い方は悪いかもしれませんが、ある程度美味しい料理(飲食業としての基本)が作れる状態(料理に知識がある状態)で、お客さんに対しての【接し方】(アクションを起こす事、お客さん目線での提供、接客、提案)に注力すれば必ず僕は喜びを多く感じられると思っています。

というのは、

◎自分が思う美味しい料理を作る  よりも

ターゲットが美味しいと感じてくれる料理を作る のでは、確実に前者より後者の方がお客さんが受ける幸福度の割合は大きくなると思うから。

例えそれが、もし的外れだとしても後者はターゲットが美味しいと感じてくれる料理を作ったのだから、反省がしやすい。応用が利くことになる。

 

JIJIバルは大きいジャンルで分けると飲食店である。居酒屋へ行くにもバルへ行くにもお客さん目線は《お腹すいたから外食をしよう》という目的で、選ばれる

我を立てたい訳ではないですが、さらにJIJIバルは他の居酒屋よりも手の込んだ料理が比較的多いと思う。

なぜなら、某有名フレンチで長年勤めていたシェフや、個人で経営しながら多国籍料理を10年弱極めていた店長が在籍しているから。

そして、

その強みを活かす為には、選ばれないといけない!その選ばれる理由というのが、JIJIバルでは“リーズナブルに身近に美味しい料理を食べれる!”という事のアピールなのだ!!

※このアピールこそが選ばれる根本要因である!だからアピールをしないという事は美味しい料理を作っていても結局お客さんには伝わっていない。自ら宝の持ち腐れとなっているに近い。

 

f:id:yssitmrg:20190125231103j:plain

今年からの新入社員のアキラとの2ショット。アキラも最初は飲食業の原点のホールの勉強から!

そして、衛生面について 

飲食業として基本中の基本にあたる。

まな板、包丁、台上など身の回りのアルコール洗浄などを頻繁にできるクセをつけておかないと悪化する一方になる。また、この衛生面に気を遣うという事は同時に整理整頓、丁寧な片付けにも繋がる。食材の取り扱いに関しても同じ。正しい知識を持ち正しい扱いを当たり前にする。

この当たり前が疎かになる場面が多いのが多店舗展開している飲食店だと思う。

ゴミが落ちている事も多い。落としたらすぐ拾う、バイトにもその目を向けさせる。そうやって全員が意識し、お店全体が綺麗に保てる。その良い循環を作るためにはいつだって社員が先頭に立っている。バイトをよく見ている。常に対ヒトを意識し、常にお客さん目線でいる。

そうやっていれば、ホールのゴミやテーブル上の整理やトイレチェック、ビュッフェコーナーのチェックなどにも自然に目を向けれるようになると思う。

そう。衛生面に関してもただ単に厨房内を綺麗にしよう!という内々の意識ではなく、全てはお客さんに繋がっている。

 それをどうバイトに伝えてお客さんに伝えれるかだ。

f:id:yssitmrg:20190127233922j:plain

営業終わりの今日のバイト達。達成感に満ち溢れ他愛もない話をしている。

そして本題の

バイトについて 

バイトに関して楽しみながら仕事をしてもらう。を大前提にやっぱりバイト自身も成長してもらわないとお店に関してもバイトヒト一人に関しても、働く特別な時間にはならない。

お店側としたら求めるべき事は多く、バイトの仕事は時給が発生しており無駄な時間を過ごしてほしく無いので少しでも時間いっぱいホールに関わる全ての仕事をしてもらいたいところである。でも現実はそう上手くいかないもので、細かく分ければバイトがやるべき仕事なんて何百にもある。だから社員の監視下にある中でバイト自身が考えたサービスストーリーを作り、カテゴリー別にやるべき仕事をまとめてある。

サービスストーリーとは、一般的用語でマニュアル。

FORUKAでは、このマニュアルという呼び方はは押し付け(強制指示)であると判断し、みんなで作るサービスをカテゴリ別に分けてバイト一人一人と社員が共同で書きだしまとめたサービスストーリーを使っている。

ここで重要なのは、バイトに成功体験をさせる事である。バイト自身が考えたクレドに沿った接客をバイト自身がする事によって仕事をする価値が生まれる

だから、そもそもバイトにホールの事を任す!事など不可能である。もっと言えばバイトに自分たち社員の仕事をやってもらっている。その報酬が給料である。

仮にバイトがその報酬を心から、第一目的では無く働いてくれているのであればそのバイトは、必ず社員になる。それだけ社員の熱い想いが伝わって共感を得て人生の方向性を変えているからだ。特例だと思う。その特例を諦めてはいない。

しかし、その特例を作れなくとも、社員はバイトに対して想いを伝えなければならない。

理由は一つ、社員の想いをお客さんに伝える為である。(対ヒト意識だ

社員は、料理、電話、会計などバイトよりもやらないといけない作業が多い。だからお客さんと接する機会(アクションを起こせる機会)がバイトよりも少ない。バイトは一番最初にお客さんに接触し、第一印象を与え、料理説明、中間サービスなどでこの店の空間の良さをアプローチできる。これがJIJIバルの売りである美味しい料理を食べてもらい満足した表情で帰って頂くというクレドに添える大きな付加価値となる。

f:id:yssitmrg:20190127234744j:plain

バイトの子が自主的に玄関ドアに書いてくれてて感涙した。

それは、営業外でも次第にこのような形で現れる事もある

 

この時、自分のやっている事は間違いじゃなかった。と思った!

そしてこの日、常連のお客さんから❝玄関のイラスト変えたの?見やすくなったね!かわいい!❞と言って頂き、泣きそうになった。

 

というような話を2枚目の写真の後に、バイトと語った。

バイトは、自主的にこの時間を過ごしている。

 

そして今から、

このブログのようなミーティングを今から開く。

このブログの大半は、今からミーティングに話す時に必要なメモした内容である。

 

この想いの共有、インプットとアウトプットこそがウチの会社の発展航路!!

 

楽しい。経営が楽しい。ヒトが好き。

 

まとまりのない文章、脱字などありますが、

読んで頂いた方ありがとうございました!!

<a href="//management.blogmura.com/ranking.html"><img src="//management.blogmura.com/img/management88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 経営ブログへ" /></a><br /><a href="//management.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>

<a href="//www.blogmura.com/ranking.html"><img src="//www.blogmura.com/img/www88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキングにほんブログ村へ" /></a><br /><a href="//www.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>

<a href="//management.blogmura.com/syacho_young/ranking.html"><img src="//management.blogmura.com/syacho_young/img/syacho_young88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ" /></a><br /><a href="//management.blogmura.com/syacho_young/ranking.html">にほんブログ村</a>

わが身に追い風をまとえ。

f:id:yssitmrg:20190125230913j:plain

鯖や の右田さんと2ショット

先日、仲良くさせて頂いている飲食店「讃岐亭」の安藤さん(僕と同じ苗字で親近感)とかれこれ15年ほど取引のある酒屋「タニーズ」の中川専務と共に岡山へ勉強会に行ってきました!

まずお写真をどかーんと。すみません(笑)インパクト重視で最初に写真を載せてしまいました。。

 

さて今回の勉強会、お誘いを頂いたのは安藤さんがきっかけ。

讃岐亭、安藤さんの詳細はこちら

www.facebook.com

讃岐亭さんと僕の出会いは僕が高瀬に引っ越してきた頃、近所で外食がしたい!と、うろちょろしていた所まさかの超近所に居酒屋を発見!最初は「うどん屋さんっぽい佇まいだなあ~」と。そして緊張しながら入ってみると、僕の息子と近い年齢のお子さんを発見!!僕も家族で行っていたので、速攻親近感!そして入店直後嬉しかったのが、子供連れへの対応!すぐさま席を準備してくれ、子供が居てもゆっくり食事できるようにテレビの前の席へ案内してくださいました。

それからもおもちゃを貸して頂いたりメニューの説明をしてくださったり、これは❝飲食業だから❞では無く、❝人としての気遣い、おもてなし❞だと感心しました。

僕も飲食業だから職業柄やっぱりこの飲食業としてやるべき作業より、人としてのおもてなしへの意識は注力してしまいがち。 讃岐亭さんと出会えてよかったと思いました!だから今回のお誘いも、安藤さんからのお誘いなら迷わずGO!でした。

※うどんやさんのような佇まいは、以前お父さんの代にうどんやさんとして営業されてたそうです。

 

タニーズ、中川専務の詳細

www.facebook.com

中川君との出会いは、僕の現職場であるお店。

16の頃からアルバイトとしてこのお店に居たんですが、中でも中川君は数ある業者さんの中でも一番スタッフとの距離が近い。

なぜだかわかりますか?

正解は、よく飲みに来てくれるから(笑)

今も変わらず来てくれています!

タニーズさんは地元では名の知れた酒屋さん。

お酒と言えばタニーズ。ハイボールと言えば中川君って感じっす!(笑)

中川君はいつも飲食店と近い場所に居て、スタッフ間でも相談のしやすい存在。

そんな信頼が持てるのは何より飲食店目線で居てくれること。

❝酒屋❞の存在意義と❝飲食店❞の存在意義と❝消費者❞への想いが一貫するようなアドバイスをくれることです!

その信頼関係は仕事でもプライベートでも築かれてて、お互い《成長》するにあたって想いの共有を自然にできてきたと思います!

ウチが新店や視察に行くときは必ず中川君がいます!そしてベロベロになるまで語り合います(笑)

 

f:id:yssitmrg:20190125230924j:plain

勉強会

勉強会では、平日ながらたくさんの方が来ており

・消費税増税

働き方改革

・インバウンド対策

などなど様々なジャンルの施策を僕なりに学びました。

 

鯖や 右田さんの講演は、素直に楽しかったです。

というのも、以前からカンブリア宮殿などで拝見させて頂いてて興味があった上にちょうど今回のお話があったので、終始わくわくしながら会場を楽しめました。

 

安藤さんは、仕込みの為先に香川へ帰られました。

 

僕と中川君は、せっかく岡山へ来たのでちょろっと視察!

餃子BARへ行きましたが、二人とも生ビール。中川君は推しのハイボールを華麗にスルーしてました。。そういや最近ネタになってきましたがハイボールを飲む姿を見ていない。。少し寂しい。

その後、香川丸亀に戻り今回第二の目的であるミロクビールへ

f:id:yssitmrg:20190125230919j:plain

ミロクビール

ミロクビールは、

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004333711697&epa=SEARCH_BOX

岩城さんが経営しているクラフトビール醸造所 兼 ブリューイングパブ。

www.miroc-beer.com

できたてのクラフトビールが飲めるなんとも贅沢な空間。

クラフトビール地ビールの違いは、

もうご存知中川君のブログを読んでみてください(笑)

osake-tanys.com

 

f:id:yssitmrg:20190125230931j:plain

醸造タンクが店内から丸見え!

f:id:yssitmrg:20190125230902j:plain

注ぎたて!できたてのクラフトビール

毎度、ミロクビールさんでは熱いお話をしてしまいます。

岩城さんも凄く刺激的な方で、毎度クラフトマンの熱い想いに心を打たれる。

店内の空間も凄く落ち着いていて、かつどこか異空間にいるような幸せな時間が漂っています。

 

 

僕と中川君は、そんなサイコーの時間の中でたらふくビールを飲み、終電ギリギリで帰りました。

 

f:id:yssitmrg:20190125230907j:plain

最後に幻のSHAREBEERを。

 

SHAREBEERについては後々別記事で書きたいと思います。

 

さて、今回の旅

 

僕は、暗記が苦手です。

 

僕は、影響されやすい人間です。

 

僕は、現在若手社長になる人間ですがこの会社の社長になる自分の持っているキャパはまだまだ小さいと思います。

 

僕は、これから自分自身で変えていく新たな環境になれていません。

 

だからこそ

 

僕は、右田さんの講演、勉強会、視察、ミロクビールさんへの訪問にて全てに共通して手にする事のできるものに注力して過ごしました。

 

僕は、自分で作った会社の理念を元に当てはまる事をメモする事に注力しました。

 

僕は、恵まれた環境にいる自分のキャパを広げれるよう

 

僕は、思考の錯覚を利用して運を活用できるように錯覚資産を纏えるように意識しました。

 

 

今回、この旅に行ってからまた変わった自分を見つけられたと思います。

自分自身やっていたことは間違いじゃない。追い風を起こせたと思っています。

と同時に現場にいるスタッフやこの環境を与えてくれた安藤さん、中川君、前川社長に感謝しています!

そしてこの追い風にスタッフを乗せれるような1ステップをこの1週間みっちりやります!

 

人口が少なくなってきている、ヒトの仕事が少なくなってきているこの時代こそ

追い風。

ヒトにしか作り出せない空間って飲食業は大得意です。

いや、ウチだから大得意と言い張れる。

 

読んで頂いた方!ありがとうございました!!

長文、駄文すみませんっっ!!

 

[http://にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村]

そして2日目のブログ。そう毎日更新するのは最初だけだけど。(笑)

そう。

毎日更新できるほど、まだ僕は時間の使い方に慣れていない。

掘り下げると、自分の業務の時間割など組めていなく“現場主義”というか現場から離れれない(毎日現場にいないといけない状態)仕事が山積みにある。

f:id:yssitmrg:20190118025906j:plain

iPhoneXの容量w

これから毎日ブログを書くことは、到底不可能だけど

ブログを書く。という事を続けることはできる。

 

僕のiPhoneは毎回容量の一番大きいタイプを購入している。

毎度、クラウドに預けるように最近見つけた最優良コンテンツのGoogleフォトを利用して空き容量を確保しまた使いたいときに引っ張り出してくるのはちょっとめんどくさいから。。。でもGoogleフォトさんには本当に感謝しているけど、、。

f:id:yssitmrg:20190118030920j:plain

重宝しているGoogleフォト

https://photos.google.com/?hl=ja

 

容量の大半は、写真で埋められていて今は写真が46050枚ある(笑)

なんでかっていうと、性分なのか❝思い出❞と化した【メモ】が多いから。

GoogleフォトもiPhoneの写真アルバム機能もちゃんとカテゴリ別に分けたり分けてくれてたりするし、日付や住所まで記してくれている。なんて便利なんや。。。

f:id:yssitmrg:20190118030809j:plain

写真フォルダの一部

業者さんとのやりとりやメモもすごくやりやすくて、

僕が現場仕事をやりながら、販促やメニュー開発、その他統括業務ができていたのもこれを使えていたからだと思う!

今やデザイナーさんもデジカメを使わず、X以降ならiPhone撮影で十分可能と言ってくれ、フォーマットの変換もできてしまうから作業がスムーズ!!

 

iPhoneの話になってきた。。

 

f:id:yssitmrg:20190118030850j:plain

メモ

iPhoneのメモの昨日もすごく使いやすくて、メモそのものをPDFにすぐ変換できるし、airdropですぐミーティングに使えたりしてしまう。。

すみません。

話が大幅に脱線してしまいましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

そんな僕のiPhoneで撮った写真(思い出)となったそしてこれからの僕の会社の突き進んでいく道となるメモ達を、

 

これから綴っていくストーリーに。

OUKA

恵まれた幸せをみんなで大いに分かち合う。

 

僕と共に突き進んでくれるFellowship Of the Ring 旅の仲間 と共に

その仲間が目指すそれぞれの【目的】FOR ~の為に をビジョンに掲げ、

そして

今、この時代の毎日の瞬間を OUKA 謳歌する 会社!

FORUKA の代表として満身創痍、生きていきます!

 

今日と昨日のブログ、これを誰も見ていなくても見ていても

SNSが大好きな自分らしく宣言し、自己啓発する。

第一歩として今日の自分にお疲れ様。よく頑張った!!

そしてまた明日、お客さんや仲間、家族からパワーをもらい

突き進んでいきます!!うっす!!!

f:id:yssitmrg:20190113163412j:plain

まだ未完成のロゴ

(笑)|д゚)